トピックス

校長ブログ:12月(師走)終業式校長講話より抜粋

校長ブログ

12月終業式 校長講話より抜粋
◎12月は師走
師匠の僧がお経をあげるために東西を馳せる月から師馳す(しはす)→師走になったとのことです。(諸説あり)
◎冬至・冬の大三角形
冬至は12月22日で最も日照時間が短い日です。
南の空にオリオン座が見られますがオリオン座の左肩に輝く赤いベテルギウス、その星の左下一番明るいおおいぬ座のシリウス、ベテルギウスの左にあるこいぬ座のプロキオンを結ぶと冬の大三角形が見られます。
◎最後のセンター試験
2020年1月18日、19日には最後のセンター試験が行われます。センター試験は時間との勝負です。他の入試や模試以上に時間がないテストになります。攻略法は過去問や予想問題を最低5年以上は解くことです。
すでに大学が決まっている生徒は安心するのはまだ早いですよ。大学に入ってから、学力が低いと留年する生徒、退学する生徒が出てきます。一般入試の生徒は最後まで勉強をしていますので、推薦の人は校内順位では負けてしまいます。すでに受かっている人もセンター試験や自分の行く大学の入試問題の勉強をしましょう。
それから大学の奨学金を借りる生徒が多いと思います。出席率が5割以下や習得単位が標準の5割以下の場合支援打ち切りとなります。奨学金が下りなくて退学した生徒もいるようです。奨学金を申請している生徒はしっかり勉強すると肝に銘じておきましょう。
1年生はクラス分けテストが年明けに控えています。しっかり勉強しましょう。
2年生は3年生に向けて進路希望を固めないといけません。前に生涯賃金の話をしましたが、迷うのであれば大学進学をした方が良いと思います。大学を卒業してから違う職業に就くことも可能です。大学進学希望者は1月27日の進研記述模試を受けて下さい。
◎リスペクトを忘れずに
高校野球 夏の甲子園球場にて花咲徳栄高校と明石商業高校の1戦にて3年生の菅原君がバッターボックスにてボールが当たりました。1点を追う場面でランナーが欲しい場面でしたので、デッドボールで塁に出られればチャンスにつながる場面でした。しかし、菅原君はよけ方が悪かったのかなと思い、デッドボールではないと自己申告し、相手や審判に頭を下げました。その判定はボールと判定されました。打席はまだ菅原君です。次の投球をなんとホームランを打ちました。このフェアプレーについて、海外からも称賛されました。もちろん勝たなきゃ終わりの試合で切羽詰まっている状況ですが、相手へのリスペクトを忘れない、最高のプレーでした。
皆さんがクラブで勝つことに執念を燃やしますが、良いプレーができたのは相手があってのこと、良いプレーができたのは練習を一生懸命頑張った自分だからです。良いプレーができたのは、周りの先生やチームメイトがいたからです。バックアップする保護者の方がいたからです。おそらく、花咲徳栄高校の菅原君はそう考えていたのだと思います。皆さんも普段の学校生活を送る中でかかわっている人達へのリスペクトを忘れずに、また自分に誇りを持てるように努力し、学校生活を送ってほしいと思います。
◎数学の問題
x についての方程式 ax^2+bx+c=0 を解け。
※ヒント:何次方程式でしょうか?