トピックス

7月終業式校長講話より抜粋

校長ブログ

7月終業式校長講話より抜粋

◎ドーナツの移動の問題

ドーナツの移動の問題はできましたか?

3個のドーナツの移動は7回が正解。

10個のドーナツの移動は1023回が正解。

さて、本日の問題はある線分があり、長さが1である。これとコンパス、定規のみを使って√5の長さの線分を作図しなさい。

◎7月は文月(むきや うさみ  ふ はな かしし)

文月の由来は七夕で短冊に歌や字を書くから。七夕は終わってしまいましたが、夏の夜空には天の川をはさんで夏の大三角形があります。デネブ・ベガ(織姫)・アルタイル(彦星)を探してみましょう。かなり明るい星ですから見つけやすいと思います。

◎聖火リレー(埼玉県は7月6日~8日)・オリンピック開幕

聖火リレーが生まれたのは1936年ベルリンオリンピック。当時ヒトラー率いるドイツでのオリンピックから聖火リレーが生まれたのです。オリンピックの開会式が7月23日、閉会式が8月8日です。感染が拡大せず、コロナ禍から脱却する希望の光になればと願います。また、入試の時事問題の中でオリンピックの話題が出題されると思われます。

今回、聖火ランナーとして、7月6日に将棋の羽生善治さんが所沢市を、女優の浜辺美波さんが戸田市を、そして、本校の2-5渡部美和さんが狭山市を走りました。渡部さんの話では聖火のトーチは私物だそうです。

渡部さんは学校外でテコンドーをやっています。過去の試合では、韓国中国遠征大会の韓国大会3位、中国大会1位、全日本ジュニアオリンピックカップテコンドー選手権大会2位でした。ぜひ次回のパリオリンピックでは出場してほしいと思います。これからの活躍を期待します。

◎ソフトテニス部インターハイ出場

ソフトテニス部では、3-9小林大洋・3-10齊藤大翔ペアが7月30日石川県で行われるインターハイに出場します。32回目の出場です。頑張ってきてください。

◎夏は勝負の時。上げるも下げるも君次第!

夏の勉強によって自分の実力を1ランク上げるも下げるも君次第。勉強も一つテーマを決めて勉強すると効果的!一つの分野を極めるとか、英単語300語覚えるとか、問題集1冊終わらせるとか何でも良いですが、決めてやり遂げてみよう!勉強すると見える世界が変わってきます。この夏、ぜひテーマを決めてやりきって下さい。これから入試が始まります。また、進学した生徒もいずれは就職活動をします。面接で聞かれるのは人となり。どのような性格なのか、どのようなことが得意なのか、どのような+効果があるのかを話すことになります。

自分の経験を面接で話をするわけですが、頑張ってないと話せません。あのとき、こんな経験をした、苦労した、頑張った、失敗した、成功したということが経験値になります。

◎総合型選抜入試に向けて

大学には志望理由書を提出しますが、アドミッションポリシーに沿った内容になっているか、大学が欲しい人材か書かなければいけません。まずは自分の分析をして、自分が何をやりたいのか、なぜこの大学のこの学部でなくてはダメなのか、さらにその思いを志望理由書に書いて、大学が欲しい人材にマッチしているか、読み返してください。また、夏休み期間中にオープンキャンパスを設定している学校は多いです。今年度はwebでのオープンキャンパスと対面があります。参加するに当たって予約が必要です。複数校参加して比較してみてください。総合型選抜としては帝京系列、大東文化大併願可能な学校です。ぜひ受験してみると良いでしょう。私立大学の定員割れについて、ピークは2008年47.1%が定員割れ。2014年は45.8%。2016年から大学定員の厳格化が始まり、2020年には31%まで下がりました。つまり、入学者数を満たしている大学が増えたということです。しかし,首都圏の大学でも定員割れの大学があります。ですから後期入試まで含めれば合格の可能性があるということです。専門学校を視野に入れている生徒は大学入試に挑戦してからでも十分に間に合います。これからの頑張りでワンランク上の進路に行ける可能性がある。焦らず、悔いの無い進路選択をし、進路に向けて、地道に頑張ってみましょう。また、今行ける所で良いということではなく、頑張って自分をそのレベルに上げることも必要です。進学するにしても挑戦する気持ちを持ってワンランク上の進路を目指しましょう。

次にみんなで集まるのは8月31日です。元気に登校して欲しいと思います。熱中症には気を付けて下さい。