トピックス

10月全校集会校長講話より抜粋

校長ブログ

◎英検合格祈念
 先日の英検WEEK、英検はどうでしたか?皆さんの合格を期待しています。Web合否合格発表は10月25日ですが、合格したら、2次試験が11月7日です。頑張って下さい。不合格だった人には、チャンスはまだあります。次回は自分で申込になりますが、次回に向けて、頑張って下さい。
中間試験が近いですから、しっかり勉強して下さい。テストではアウトプットをしますから、日頃の勉強でもアウトプットを意識していないと点数がとれるかわかりません。テスト形式にする勉強が効果的だと思います。この1週間でわからないことは先生に質問をして、解消して臨みましょう。
 それから、2学期はイベントが目白押しで、まずは10月30日強歩大会、11月の芸術鑑賞会は、12月には2年生の九州修学旅行とあります。イベントを実施する為には多くの人がコロナワクチンを打った方が良いでしょう。今月本校の生徒も打つ生徒が増えてきました。もしアレルギーが無いのであれば、なるべく打つようにして下さい。事情があって、打てない人もいると思います。打てない人への差別をしてはいけません。また、治療薬の開発競争が始まっています。国内では中外製薬や塩野義製薬の開発が早そうです。軽症患者用の飲み薬ができたら生活様式を戻すことができると思いますが、もう少し、皆さん、頑張りましょう。

◎脳は主語を理解しない
 さて、今日は「脳は主語を理解しない」という話をします。あんな奴最低だとか、あいつは何もできない、とか言っていると脳は自分のことと勘違いし、そういう情動に駆られるということがあるようです。他人の悪口を言うと、自分の脳は自分のことを言われたように自分を否定し、ストレスを受けます。ネガティブな感情を持っている人は自分にもダメージを受けてしまうということです。
 人間の行動は潜在意識によるものが90%~97%。その潜在意識を自分にとってポジティブなものにできるか否かは人間が自身に対して発する言葉の力に影響する。他人への否定的な言葉は脳が勘違いをし、自分へ影響する。
 タイガーウッズは優勝を競っているゴルファーがパットするときは「失敗しろ」ではなく、「入れ」と念じるのだそうです。人間性ではなく、結果的に自分に対するポジティブな言葉かけになると考え、さらには「このパットを成功できるほど、すごい奴と勝負している」と思うことが、自分にも良い影響を与えると信じるからでしょう。人間の行動は潜在意識によるものが90%~97%。人の良さをみつけようとすることが、潜在意識を確立し、自分にも良い影響を与えるということでしょう。クラブ活動をしている生徒は試合で相手を称えています。そんな相手に頑張れたことは自分の価値も上がっているわけです。ぜひみなさん、良い所をたたえ合い、切磋琢磨してほしいと思います。

◎数学コラム
 曲率とは曲線の曲がり具合のことです。曲率が大きければ大きいほど急なカーブになり、小さければ、緩やかなカーブになります。今一年生の数学では二次関数を行っていると思います。二次関数では頂点に近づくほど、曲率が大きくなります。
皆さんが描いた二次関数では頂点が尖っていませんか?
頂点付近は超急カーブです。

◎数学クイズ
ある法則で並んでいる数があります。次の〇,□に入る数字を答えなさい。
(1,1)
(2,3)
(〇,□)
(13,21)
(34,55)
(89,144)