トピックス

British Hills オンライン語学研修

学校生活

Group1&2―DAY1―

1年生選抜Ⅰコースでは毎年、福島県にあるブリティッシュヒルズにて語学研修を行っております。しかし、新型コロナウイルスの影響により、昨年、本年共に中止を余儀なくされてしまいました。
今年は、現地のブリティッシュヒルズと接続し、オンラインで研修を行いました。
現地での研修では積極的な英会話が期待されますが、オンラインではなかなか難しい場面もあったかもしれません。ですが、その環境の中でも、生徒は一生懸命英語で会話しようとする姿が見受けられました。

最初は慣れない環境の中で、ネイティブの先生とのレッスンは緊張の面持ちでしたが、ネイティブの先生の気さくな授業により、生徒も意欲的に取り組んでいたのではないかと思います。

Group1&2―DAY2―

2日目のレッスンです。
2日目はGroup1,2とGroup3,4,5で別々のレッスンとなっております。
Group1,2は少し難易度の高いレッスンに挑戦!

英語での道案内、旅行での使える英語、シャーロックホームズのなぞ解きやクロスワードパズル、英語でのクッキング(レシピづくり)など、実用英語を中心としたレッスンでした。生徒に聞いても、「今日のレッスンは難しい」とこぼすところもありましたが、最後までしっかりついていくことができました!

Group3,4&5―DAY1―

17日の午後からは、group3,4,5のレッスン初日でした。
初日のレッスンはGroup1&2と同じで、Survival English(英語の簡単な疑問文や会話表現など)、Culture&Manner(世界の文化やマナー、習慣について)など3つのレッスンを受けました。

やはり初日だったせいか、なかなか慣れない英会話に大変そうにしているしているところも多かったですが、とても楽しくレッスンをすることができました!

Group3,4&5―DAY2―

Group3,4&5の2日目は、Group1&2とは異なるレッスンを行いました。
内容も比較的理解しやすいものであり、様々なテーマを織り交ぜつつ、楽しく英文法を学べるような内容でした。生徒も、理解しやすかったのではないでしょうか。

思いのほか考える内容も多く、この3日間、英語を「使う」「聞く」「喋る」をメインに、我々教員も、楽しく英語を学べるようなプログラムが豊富に用意されておりました。
だからこそ、「現地に行きたかったなぁ…」という気持ちも強く感じます。
現在の状況が良い方向に戻り次第、ブリティッシュヒルズ語学研修も再開できると嬉しいですね。
ただ、それを差し引いても、オンライン研修でこれほどまでに楽しめる、学びのある時間を提供していただいた、福島県の現地ブリティッシュヒルズのスタッフの皆様、本当にありがとうございました。