トピックス

東京薬科大学 実験実習

アセトアミノフェンの合成

選抜Ⅰコース理系の2年7組は東京薬科大学に行き、実験実習をさせていただきました。内容は、解熱・鎮痛薬の一つであるアセトアミノフェンの合成、市販薬中に含まれる同物質の抽出、両者の比較です。

慣れない実験でしたが、TAの学生さんのサポートもあり、とても楽しく行うことができました。まだ授業でやっていない有機合成の分野を先取りしましたが、1学期にやったはずのmol計算で手こずる姿も見られたので、しっかりと復習しましょう。また、吸引ろ過装置、エバポレーター、薄層クロマトグラフィーなど初めて見た装置や実験に触れることができたのも良い経験です。

ご協力してくださった東京薬科大学の皆様、ありがとうございました。